脱毛剤の分類と使いの注意点 - 脫毛剤ランキング情報

多くの女性は自分のある部位のムダ毛に悩んています。ここでは、脱毛剤の効果、ロコミなどの情報について脱毛剤ランキング発表します。

脱毛剤の分類と使いの注意点

脱毛剤が2種類に分ける:

1、無機脱毛剤 主にアルカリ金属またはアルカリ金属硫化物のことである。その欠点は匂いが不快のことだ。

2、有機脱毛剤 主にメルカプトアセテートのことである。 物理的な方法で体毛を抜く製品(例えば脱毛ワックス、脱毛膠など)と化学作用で体毛を除く製品(例えば脱毛クリーム、脱毛モスなど)2種類に分ける。物理脱毛剤が苦痛かつ面倒で、今はほとんど使われていない。化学脱毛剤は還元剤(例えばチオグリコール酸カルシウム)によって毛のケラチンジスルフィド結合を還元して、体毛の繊維を切断することで脱毛の目的を達成する。

脱毛剤使用の注意点:

1、脱毛剤は敏感な部位に使用できない

顔、陰部などところの肌が柔らかくて、敏感な部位だ。刺激を受けたら、腫れ、炎症を引き起こすかもしれないので、ご注意ください。

2、他の人に適合する物は自分にも適合するわけではない

人々の皮膚の健康状況、肌質、敏感の程度が違うので、同じ製品で脱毛後の結果も違う。皮膚の健康な人が使った後何の不良反応もなくても、敏感肌の人使った後炎症を引き起こすかもしれない。ご使用の前に必ず局部で試用して、腕などの皮膚の上で小さい面積試用して、12時間後にはアレルギー、不快な症状がなかったら正式に使う。